今週のお知らせ

タッキーのクラブ貸切パーティー「インフィニティ」

2〜3ヶ月に一度、横浜のとあるクラブでとあるイベントが開かれている。
そのイベントの名前は「インフィニティ」。
一見普通のクラブイベントのようだが、実はこのイベントをプロデュースしているのがタッキーこと滝沢秀明(26)なのだ。

タッキープライベート画像

「ヒップホップ系の音楽が大音量で流れ、スクリーンを使っての映像の演出もありました。かなり作りこんだ雰囲気でしたよ」(参加した女性)
と、参加者にもかなり好評なこのイベント、「インフィニティ」は、横浜みなとみらい近くの、まるで体育館のように巨大なクラブで300人ほどの人数で開催されている。

このイベントのプロデュースをしているのが、タッキーこと滝沢秀明。
企画から映像作成、選曲など、本人が幅広く手がけているからスゴイですよね。それに、長州小力が乱入して場を盛り上げたり、豪華。プロレス好きのタッキーならではの、演出ですよね」(クラブ店員)
ほかにも、小島よしおmisonoなど、お友達芸能人にタッキーが自ら声をかけているのだとか。

「でも、"マネジャーは一切出入り禁止。事務所はノータッチにしてね。あくまで仲間同士の場だから"ということをタッキーは強調していましたね」(イベント関係者)

このイベントは、告知などは一切せず、関係者もファンも抜きで純粋にクラブ好きなタッキーとその仲間が楽しむ「夢のような場」となっているのだ。
「自分で楽しみながらも、いろんな人に挨拶したり、ドリンクを届けてくれたり、とても気がきくなと思いました」(前出・参加した女性)

以前、キャバクラで泥酔の末転んで鼻骨を骨折してからお酒を控えていたというタッキーだが、このイベントの時は普通に飲んで楽しんでいたという。
「イベンター」として、このイベントにかなりのめりこんでいる様子なのだとか。
この取材の時も、
前回は終了後の後片付けまでやってくれたんです。実は今日の午前中もタッキー本人がここに来て次回の打ち合わせをしてたんですよ」(クラブ店員)
とのこと。
都内の自宅から横浜まで通っているというのだからかなりのものだ。
(ネタ元 週刊女性)

タッキーがここまで気合を入れて作り上げたイベント、どんなものなのか一度は覗いてみたい気がするが、ファンは立ち入り禁止…。
残念!




スポンサードリンク
検索
 
スポンサードリンク
最近のコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。